紫色のつぶやき

ポジティブに行こう!

「婚活クルーズ」。。。ザ・ノンフィクションはいつだって私の未来を照らしてくれる

遅ればせながら12/15(日)に放送されたザ・ノンフィクションを視聴。

 

ザ・ノンフィクション 2019年12月8日(日)放送 ぼけますから、よろしくお願いします。 ~特別編~ - フジテレビ

 

結婚願望もなく、まだ20代の私はこの番組を見てもいまいち実感が湧かず、どこか遠い世界の出来事だと思っている。

 

5泊6日の婚活クルーズ、横浜港を出港後、韓国、長崎と回る旅。女性の参加費は1万円だが男性の参加費は16万8千円~らしい。

 

いったい誰がこんな参加費を払ってまで、、と思うのだがザ・ノンフィクションはいつだって私たちの未来を照らしてくれる番組だと思っている。

 

 

婚活クルーズが放送される前の週なんて認知症が進んでいく自分に苛立ち自暴自棄になっている高齢の母を娘の視点から見る。なんていう物語もやっていた。

 

ザ・ノンフィクション 2019年12月8日(日)放送 ぼけますから、よろしくお願いします。 ~特別編~ - フジテレビ

 

 

俺たちの死に際はこんなにも苦しく、悲しいものなのかと泣きそうになったのを覚えている。この翌週に婚活クルーズの話を流すなんて何か陰謀が。。。ないない

 

話を婚活クルーズに戻そう。以前婚活クルーズを放送した時もそうだったが、男性は40代、50代でも平気で1回り年下の女性と結婚したがる。だからこそアラサーで結婚願望があるのに結婚しない女性は焦るのだと思うし、20代女性も40代50代の男性と結婚したいという人も少ないだろうからマッチングが少ないのだろうね。

 

ということは20代女性と結婚したいと思っていたら少なくともアラサーの時に婚活を始めるべきなのか。。? 

今はまだそんなに焦る時期ではないといっても私もアラサーだ。今までなら(今はまだ)結婚願望がない自分には関係ない話だとして消去してしまう番組だった。

 

しかし、2019年は私にとって衝撃的な年だった。周りで結婚をしたという知人が10組以上いたのだ。

失礼ながら「まさかこいつが結婚するとは思わなかった」なんていう人もちらほら。。

 

お前だって数年前までは「彼女なんかいらない!」って言ってたじゃないか。

 

友人が幸せになったということでそれはそれでいいのだが、人は人を好きになるとこんなにも変わるのかという変貌ぶりを見せられた。

今までは俺と一緒に「結婚する意味が分からない!」だの「子供なんて欲しくない!」だの議論しあったではないか。なのに結婚が決まった友人は会ったこともないその女性のどこが好きだ、とかこの前一緒に韓国に行ってきた、とか満面の笑みで語ってくる。幸せオーラを全身から噴き出してくる友人が少し怖くなってしまった。

「なんか前と雰囲気変わったよね、なんだか人生楽しそう」と言うと

「お前にもいつかわかる日が来るよ。。(笑)、結婚できるといいな!」だってよ。

 

やっぱり愛の力ってすごいのかな。。なんでみんな給料3か月分も払って、数回しかつけない婚約指輪なんて買ったりするのかな?

 

一番恐れていることは自分があと8年くらいたっていきなり結婚願望が湧いてきた時だ。時すでに遅し、ではないだろうけれども今よりはずっと婚活が難しくなるのは確実だ。

その時になって後悔しないよう、今から何かやっておくべきなのか、それともただ結婚相談所のビジネスに踊らされているだけなのか。おひとりさまの老後を過ごすのは寂しいよ、と煽られているだけなのか。

 

ああ、よく分かんない。お酒飲も!