紫色のつぶやき

どうせそんな悩みは1年後にはどうでもよくなってる

スマホで電子ピアノをライン録りしてみた

電子ピアノやその他の電子楽器の音を録音なり録画なりするとき、どうしても外部の音が入ってしまって音が悪いですよね。。。
鍵盤をたたく音の方が大きくなって録画、録音には非常に不向きです。
この問題を解消するためにケーブルを用いて直接電子ピアノの音を録音録画することをライン録りといいます。
 

本格的にやるならオーディオインターフェース、でも高い。。

調べてみると配信者の多くはオーディオインターフェースというたくさん端子やツマミが付いた機械を用いて録音している人が多い。
これが高い。。。安い物でも1万円以上はするようだ
でも高い分機能は抜群!配信したり、さらにその動画に自分の声をミックスするなど複雑なことをするならオーディオインターフェースが必要です。
 
でもちょっと録画して知人に送ったり、自分で見返す用なら安く済ませたい。調べてみると中にはスマホだけで録音している人もいるみたい。
私もやってみてできたので、今回はスマホとケーブルのみでライン録りする方法をご紹介します!
 

スマホだけでライン録り!

準備するもの
 イヤホンジャック付きのAndroidスマホ(iPhoneは未確認)
 今回はHuaweiのp20 lite 
・オーディオケーブル
 3極(家にあったものを使用、抵抗はたぶん入ってない)
 

 

・分岐ケーブル
 1000円以下で購入、つながった先は4極になっています。どんなケーブルでも問題ないかと思います。
 

 
 
スマホアプリ
 レッサー音声切り替え(Androidのみ対応)
 
 
 (他のサイトなどを見る限りiPhoneではアプリを使わずにライン録音を成功させている人もいるようですね)
 
 
接続
写真と図
下記のような感じで接続します。
 

 
電子ピアノのヘッドホン端子→オーディオケーブル→分岐ケーブルの音声入力(ピンク色、マイクのマークがついてます)→スマホのイヤホンジャック
 
幸い私の電子ピアノにはヘッドホン端子が二つあるので、もう一方から自分が聞く用のヘッドホンを入れましたが、ヘッドホン端子が一つしかない人はさらに分岐など必要です
 
スマホアプリ設定
そしてスマホアプリです。4極のケーブルをスマホに刺しただけではスマホがマイクと認識しないようです。(スマホによるかも)
レッサー音声切り替えを起動すると音声の入出力に現在何を使用しているかがわかります。inputの部分を見るとマイクを認識していないことがわかります。
 
これだとカメラアプリで録画しても外部の音声を拾ってしまうので、鍵盤をたたく音だけが録音されて意味がありません。
 
これを強制的に切り替えられるのもこのアプリの魅力です。
"イヤホン"ボタンを押すことで強制的に音声の入出力のイヤホンに変えます。
 

 
あとはカメラアプリで録画するだけ
 
まずはライン録りしていないもの。雑音だらけでとても聞けたものではありません。。。
 
そしてライン録りしたもの。1000円のケーブルだけとは思えないほどのキレイな音です!
 
1000円程度で実現できたのでライン録りを安く済ませたい人はぜひお試しあれ!

abc予想 数学界の常識を覆す証明

GWは溜まっていたTV番組、積読はてブの消費に忙しい。まさに現代人らしい悩みだ。。。
何をするのか迷う暇もなく次々と現れる課題をこなしていく様子は思考停止で物事をこなすにはちょうどいいが人生100年時代から逆算して考えるとよくないのかもしれない。
 
だが長期的な人生の目標など考えたところで、また私を取り巻く環境はすぐに変わってしまうから私は日々刹那的に生きることにするとしよう。
 
さて再放送のNHKスペシャルという番組で数学の難問、abc予想の証明をめぐって数学界で議論が紛糾しているという番組を見た。
 
 
京都大学の望月教授が証明をしたとされるこのabc予想。番組で説明されていた内容とネットで見た内容違うし、自分でも全然理解できてないのでここでは書かないが望月教授がこの予想の証明に使ったという数学界の常識を覆すという前提が面白い。
 
 
そもそも現代数学というのはその昔ポアンカレが語った言葉「数学とは異なるものを同じと見なす技術である」をベースに学問が進んでいるとのこと。
加藤氏が証明の中で行ったことはその常識を覆すものだ。
 
加藤氏は通常の数学の世界「宇宙A」に対してもう一つの数学の世界「宇宙B」を構築。
宇宙Aのxという自然数と宇宙Bのxの2乗を同じとみなすことを前提に証明が進んでいくのだそうだ。
 

 

*1

 

図を見ると分かる通り宇宙Aの4は宇宙Bの16と対応しているのに、宇宙Bの4は宇宙Aの2とつながっている。
これはポアンカレの語った言葉に矛盾するというのだ。同じ4であるのに宇宙が違うと違う数と対応しており、同じと見なしていない。。。
 

対象に対する認識論

同僚の加藤博士はこう語る
 
我々は、『同じものであっても違うものと見なす』ということをやっているわけなんですけどね。ある時は、我々は『同じものを違うもの』と見なすし、ある時は、『同じものを同じもの』と見なすという
 
現代社会において人間が暮らしている以上は対象に対する認識論は違って当たり前だ。
りんごを見て「りんご、美味しそう」と認識する人もいれば、りんごを見て「りんご、Appleニュートン、青森」と様々なことを認識する人もいる。
 
 
異なるものを同じと見なす抽象的な数学の世界と同じものを異なるものとみなす我々が生きている世界。
この2つの世界を行き来するためには新しい言葉が必要だと前出の加藤博士は語る。既存の数学では説明できない新しい概念が誕生し、広く受け入れられた時数学の世界はまた一歩、新しい世界への扉を開くのだろう。
非常に壮大な番組で面白かった。

 

 

 

昇進して節約に拍車がかかる

新入社員の頃はそれこそ入ってきたお金がそのまま出ていくだけであったが、ここ2年は順調に貯金ができている。

Twitter上でFIREを目指す人々からすれば桁一つ違うほどしか貯金できていないが。。

 

要因としては昨年昇進したのが一番大きいだろう。

手取りは毎月3万円ほど増えた。

「副業などせずに本業を頑張るのがいい」とはよく言ったものだ。

 

このブログも一応副業に数えることができるかもしれない。

大学生の時、収益化を目指して貼ったアドセンスがいまだに張り付けられたままだが収益など皆無だ。むしろはてなブログプロのお金と独自ドメインで毎年赤字になっている(笑)

 

節約に拍車がかかる

 

加えて無駄なことにお金を使うことが少なくなったような気がする。

無駄な消費をしなくなった。

特筆すべきことと言えば、無駄な外食をすることが減ったように思える。安易にチェーン店に入らなくなった。確かにチェーン店は安くておいしい。

だが土日の昼にチェーン店に入ってしまえばその後に予定がない限りお酒を飲んでしまう。昼以降の生活は有効に過ごせたもんじゃない。

 

それにチェーン店で新しい発見があるかと言えばほとんどない。

いつも通りの味、いつも通りのサービス。

平日の仕事後などは結構行ったりする。これは時間を買うという意味もある、平日の仕事後家に帰って疲れた体に鞭打って自炊をする気にはなれない。。

 

というわけで休日の外食を避ける工夫が必要になる。

外出時間に工夫を設けるのが一番良いかと思う。

外向的でない私は友人と遊んだりすることが非常に少ないため、時間には融通が利く。

土曜日は外出する場合の多くは夕食を家で食べてから外出する。

日曜日は朝早く起きて外出し、昼までには家に帰る。

 

多くはカフェで読書をするだけだ。

必然的に家で多くの時間を過ごすことになるが、幸い家でもできることは山のようにある。

読んでいない本は山のようにあるし、見ていない録画した番組も山のようにある。

 

 

そして高いワインを飲むことが少なくなった。

それこそワインエキスパートを取った直後はワインスクールにも通い、高級ワインをたくさん飲んでいた記憶がある。

その時のツイートを振り返ると30歳の誕生日には5大シャトーのバースデービンテージを空ける!を決意している(笑)

 

今はとてもではないがそんな高級なワインを飲む気は起きない。私が生まれた年は当たり年ではないとは言え、5大シャトーともなれば10万円近くする。10万円でワイングラス6杯分しか飲めないお酒を買うとはいったいどういうことなのだ。ワインはもう一種の宗教だと思う。おいしいけど。

人の価値観は2年間でこんなにも変わるものなのだと実感する。

 

これからも収入が増えようとも生活レベルを上げないことを意識してやっていきたいね。