紫色のつぶやき

どうせそんな悩みは1年後にはどうでもよくなってる

だから僕はFXを辞めた

 
 
 
FXを辞めることにした
 
理由は単純でこのままやっても稼ぐことができないし楽しくもなくなってしまったからだ。。。
そりゃああんなに連続で負ければ楽しくもなくなる。
この2か月間で500Pips以上、金額にして8万円くらいは負けただろう。
本の失敗談などを読んでいると数十万円負けた、とか書いてあると
「なぜそんなに負けるまでやるのか?向いていないのではないか?」と思ったりもしたが、私も今断ち切らずにこのまま続けていれば間違いなくその道に進んでしまう。
というわけで私の悲しみの損切りレポートである。
 
 
 

私がやっていた取引と勝敗

今までやめたり復活したりを繰り返していましたがこの2か月はMT4による自動取引と裁量取引どちらも実施。
 
自動取引
下記の本を参考にプログラムを作成。

この本の著者。TwitterYoutubeもブログも更新してないけど大丈夫かな。。。

 

 

ここに書いてあるClipperMという少し改造したプログラムはいわゆるトレンドフォロー型のプログラム。相場が勢いに乗って買いが連続していればロング、売りが連続していればショートをする。(実際はロウソク足などからトレンドを読む)

 

このプログラムは急な相場変動やトレンドの急転換に弱く(というか急な相場変動に強いプログラムなんてあるのか?)トレンド中に一気に逆方向に動くと大変な損失を出します。

 

もちろん勝てる時もあったがこの2か月で500Pips以上、金額にして8万円くらいは負けた。

 

なぜここまで失敗したか考えてみる

取引時間に限りがある
会社員なので取引時間は朝会社に行く前か夜帰宅後。朝はNY市場やロンドン市場はお休み中、ゆえに値動きなどほとんど起こらない。
夜は単純に寝たいので深夜までチャートに張り付く余裕がなかった。
 
経済指標や要人発言に振り回される
一番の理由はここだ、特に9月は最悪だった。
今月の損失のほとんどはエントリーした後に経済指標やら要人発言やらで盛大に逆の動きをした。
 
自動取引はチャートの動きだけを見て取引を行うのでそんなものは加味しない。
チャート上明らかにロングなのでロングしたが為替介入によって300Pips損をしたのが先日の出来事だ。
下記のチャートを見てほしい。もちろん24年ぶりの出来事にハマってしまったという運の悪さはあるかもしれない。だが私の目の前にあるのは損失だけだ。
 



じゃあ損切りを入れておけばいいか、と言われればそうでもない。
損切りを入れてしまうとダマシのチャート、一回下がってから上がる、というチャートで稼ぐことができない。
NY市場が開いてから円高に進んでいたものが円安に進む、なんてことは毎日のように発生する。
これは自動取引のプログラムを作る際に損切りラインをいろいろ入れてみて検証済みだったため入れていなかった。
事実、上のチャートを見るとポジションを持っていた期間の最底値で取引が終了したわけではないことが分かる。少しだけ損失が抑えられている。
 
投入時間が少ない
取引時間のほかに土日にチャートを分析したり本や動画で勉強する時間も不足していたと言わざる負えない。他にやることもあるしここは反省している。
断ち切るならここだろう。
 
客観的にチャートを見ることができない
チャートを見ている時間が少ない故、自分に都合のいい情報だけをピックアップして取引をしてしまう。
MACD的にはロングだけど自分で引いたトレンドラインは割ってるからショートしよう、などと根拠の薄い取引をしてしまう。
 
感情的になってしまう
上記で述べたような取引をしているとなかなか勝てない。負けるとどうなるか。負けを取り戻そうと感情的な取引をしてしまう。
そうなるとFXはただのギャンブルになってしまう。もちろん余剰資金でやってはいたがやはり損失を出してしまうとそれが少額だろうと正常なメンタルではいられなくなってしまう。
 
取引を焦ってしまう
チャートに向き合う時間が少ないためどうしてもチャートを見ている時間内に取引したくなってしまう。
そのため本来は1時間足、4時間足などの上位足で考えなければいけないものを1分足で取引してしまったりしていた。
寝る前になんとか取引を終えようと利食いしたら3時間後にはもっと上がっていたなんていうこともザラにある。
 

総合力の不足

ルールも破ってしまうし、感情的にもなってしまう。
会社員がFXを本気でやろうと思ったら生半可な覚悟ではできないことが分かった。
FXなど究極的には上がるか下がるかの2択だけだ。上がるか下がるかをコインの裏表で決めてロングorショートをしても50%の確率で勝てるのだ。
それを8万円も損できるのだから向いてないと言わざる負えない。
 

FXで得た経験は今後も役立つ

自分でやってみて経験しないと物事の本質は見えてこない。
FX(特にMT4による自動取引)はいわゆる会社員を脱する一発逆転の道として情報商材などでもよく使われる題材です。
本やブログでは「毎日20万円!」「月収200万円!」「1000万円稼げる!」なんていうものを山のように見かけます、私ももちろん読んだりしていました。
勉強になることも多数書いてありましたがメンタル管理、資金管理、チャート分析、などなど実際にやってみると当たり前ですがそんなに甘い世界ではありません。
 
毎日チャート分析をして何万円も負けるならば私は投資信託で資金を管理することにします。そのほうがメンタル的にも時間的にもよさそうです。
 
向いてなかったり楽しくなければやめればいいのです。人生は有限なので自分に合っていることだけやればよい。
 
というわけでいったんFXは終了。今度は麻雀の勉強に勤しむことにします!

麻雀で平均順位を上げるために

 
 
友人に誘われて今年から始めた麻雀
 
早半年が過ぎ、人気麻雀アプリ(PCも可)じゃんたまでは雀傑星2にまで上がりました。
 
でもまだまだ勝てません。特に友人・知人と行うリアル麻雀はレベルが高い(?)
ゲームのようにドラは光らないし、聴牌しても立直ボタンは出てこないし、鳴ける牌でもテロップは出てきません。。
 
私は1位が少なく、4位が多い。いわゆる平均順位が低いです。
もちろん一緒に打つ人のレベルにもよりますが平均順位2.4以下あたりが強いと言われるようです。
 
記録を取るのが重要と言うので私も7月あたりから記録を取り始め、対面で打つリアル麻雀とじゃんたまの記録を取っています。
ご覧の通り平均順位は2.65(リアル麻雀で約2.70、じゃんたまで2.53)
当たり前ですがどうやらまだまだ初心者のようです。
 
半荘数 順位 回数
89 1 21 24%
  2 14 16%
  3 29 33%
  4 25 28%
  連対(1,2)率 35 39%
  平均順位 2.65  
 
特にリアル麻雀では4位の時の点数が劇的に低く、頻繁に飛んでしまいます。
仮に点5などのレートをかけてやれば十万円以上負けていることになります。
 
和了率と放銃率も計算してみました。
リアルの方は麻雀をしながら局数や放縦回数、和了回数の記録を取ることが若干難しいこともあり、じゃんたまの方だけになりますが
 
和了率:22.8%
放銃率:15.6%
 
和了率は普通なようですが、放銃率が高め、目安としては
和了率ー放銃率 > 10 %
 
というものがあるそうです。和了率ー放銃率 = 7.2 % なのでほど遠い数字に見えます。
 
たしかにリアル麻雀では相当な数放銃しています。
 しかも満貫、跳満などの大物手ばかり。。。ダマでやられることもありますがその時は仕方ないことにします。
 
次なる目標は守備になるでしょうか。
 

守備のレベルアップ

壁やスジは知っています。
余りにも手が整っていなければその知識をもとにベタオリの選択ができます。
ベタオリ手順もそこまで間違っていないと思います。
 
弱点は、回し打ちする中で聴牌が取れそうであったら少し勝負したくなる。
打点(期待値)が高い、低いに関わらずです。
 
そもそも手なりで進めることが多いので、自分の手牌が聴牌した時に何点になりそうなのかがよく分かっていないのが正直なところです。
立直をかけたり、聴牌になった段階でようやく計算するレベル。
 

次なる目標

次なる目標は以下にしました。
 
攻撃編
イーシャンテンあたりから打点を意識しておく
 →打点が見込めないなら降りる準備をしておく。3900点以下くらいなら降りる準備をしておく
 
守備編
相手のリーチ、聴牌気配からは3900点以下だったら降りる
 →イーシャンテンならまず降りる、聴牌だったらその場で判断
 これは麻雀の平均打点が5000~6000点というところから来ています。平均以下なら放銃リスクを下げたほうがいいでしょう。
多井選手の動画は非常に勉強になりますね!
 
その他
気づくこと
オンラインから入った人に多いと思うのですが、リアル麻雀で特に気づけないことが多いです。
麻雀は気づくことが非常に重要なゲームだと感じています。
  • 自分の手牌から作れそうな役に気づく
  • 相手の捨て牌から狙っていそうな役に気づく
  • 点棒状況に気づき逆転可能な役を作りに行く
 
私が犯しがちなミスは以下のようなものです。
  • 多面待ちに気づけない
  • 鳴こうと思ってた字牌を見逃す
  • 配牌時にドラの確認をしておらず第1打で切ってしまう
  • 場に3枚切れの欲しい数牌を鳴けない

 

リアル麻雀は人数や場所を決める関係もあるし、まだ一人で雀荘のフリーに行くほどの度胸はありません。

オンラインにて日々意識するほかないでしょう。

 

まずは目指せ平均順位2.5、放銃率12%以下!

 

 

 

同じ仕事でもこんなにも違うものか

KindleUnlimitedの積読消費。(今月は目標の10冊行けず)
 

内容ではなくその内容を得るに至った過程が重要

目次の項目や言っている内容はどこの自己啓発本にもありがちな内容。
  • できない理由を述べる前にどうやったらできるか考えよう!
とか
  • すべてのチャンスにYesと手を上げて経験を増やす
とかそういったものです。
 
自己啓発本は筆者が経験した具体的な体験を抽象化して一般化しているものがほとんど。
筆者は元楽天の社員ということで楽天の仕事がどのように行われているのか、結構詳細に書いてある。
 

なんとしても目標を達成するという執念

楽天の仕事は本当に同じ仕事なのか、と思うくらい仕事に対する執念、目標達成に対する執念が全然違います。
もちろんこの著者だけ特別すごいということはもちろんあるでしょう、なんたって本まで書くのですから。
それを差し引いても私が日々行っている仕事に対して質も量も段違いです。
だからこそ売り上げが右肩上がりなのでしょう。
 
例えばこんなエピソードが出てくる。
  • 営業で月の目標が未達なら月末は終電まで営業の電話をかけ続ける。
 →深夜なんて普通の会社は電話でないから個人事業主にかけまくっていたらしい。。
 
  • 転職者は通常ポジション採用されるが、希望の部署に行く前に必ず営業をやらせる、そこで結果が出なければ希望の部署には行かせない。
 →結果にコミットする姿勢が全然違う。。
 
  • 結果を出せない人はポジションも降格、現にこの本の筆者も降格したことがあるとのこと。
 
どれも私の企業ではほとんどありえないこと。
私の会社では
  • 目標未達でも責任をあいまいにする文化
  • 転職者は来ても半年くらいは何もしてなくても特に何も言われない
     (実際は皆さん真面目にやりますが)
  • ポジション降格などありえない、管理職は安泰ポジション。
 

厳しさの裏にある透明さ、一体感

上記のような厳しいエピソードだけではただの厳しい企業だ。外資系などと大して変わらないだろう。しかし、楽天には社員の一体感を高める様々な取り組みもある。
その代表例が「朝会」毎週火曜日の朝にはグローバル全社員が一堂に会して会議をするらしい。三木谷社長ももちろん出席し話をする、部門からの進捗報告などを全員で行うとのこと。
社内公用語は英語だし(これは有名な話か)
朝会と同じ日には全員で掃除をするらしい。
 
まるで部活動のような一面もあるが、確かに効果はあると筆者も述べている、社員全員が同じ方向を向き、一体感を高められること間違いなしだろう。
 
なんなら私は本社にいないこともあって、社長の顔は入社式以来見たこともない。
掃除だって年末の大掃除くらいしかやらない。
飲み会だって最近はめっきりないので社員の一体感など夢のまた夢なのかもしれない
 
残念ながら、多くの会社では楽天のようにはできないだろう。
三木谷社長のカリスマ経営、一代で築き上げ歴史が浅いからこその柔軟性、社員の若さ、がなせる技だとは思う。
非常に厳しそうな会社ではあるが自身が成長するにはもってこいの環境だろう。
 

目標達成できないのが当たり前の現実

さて自分の会社にないものをねだっても仕方ないので自分にできることを考えましょう。
私の会社でも半期の目標というものがある、業務に合わせていくつか設定するが残念ながら期が終わってみると設定した複数の目標のうち、半分以上は未達で終わることが半ば当たり前になっている。
 
一応言い訳しておくとプロジェクトが大きすぎる、顧客状況が目まぐるしく変わる、などの理由からどうやったって一個人ではどうしようもないことも多々ある。
この製品を販売する!と目標を立ててもプロジェクトがなくなってしまえばその瞬間で終わりだ。
上司にも「まあしょうがねえな」と言われる、そう言うしかない。
 
そういった事情はあるが自分にできることを限界ギリギリまでやったかと問われればドキっとしてしまう。
どこかで「こんなもんでいいかな」と諦めモードに入ってしまう仕事も多いのが現状だ。
絶対に達成しなくても立てた目標のうち、半分くらいできればいいかな、というのが正直なところ。気づかないうちに自分も怠惰になってしまっているということだ。。
プライベートでも一応月に10冊の本を読む、という目標を立てているが今月は7冊にとどまっている。
 
そのような姿勢で数年過ごしてしまえばぬるま湯社員の出来上がりとなる。
プライベートでも成長は望めないことになる。
そうならないように自分の力で何とかできる事柄に対しては目標達成に全力を尽くすという姿勢を大事にしたい。