紫色のつぶやき

どうせそんな悩みは1年後にはどうでもよくなってる

漫画「17歳」  同調圧力に負ける少年たち

 
 
KindleUnlimitedでおススメにでてきた漫画だ(なぜこの本がおススメに出てきたのかは全く分からないが。。。)
 
 
実際に起きた事件をモチーフにしているらしい、結末などは全然違うが例えば加害者、被害者の人数構成だったり導入部分から言えば女子高生コンクリート詰め殺人事件をモデルとしているのだろう。
 
私はこういった本を読んでもあまり気分が悪くなったりはしないが漫画を4巻一気に読み終わり、さらにネットで事件内容などを詳細に調べ始めるとさすがに気持ち悪くなってきた。
 
ストーリーは気の弱そうな主人公がワルのグループの中で犯罪の片棒を担ぐ、というものだ。
今で言うと振り込め詐欺の受け子、出し子、のような人とでも言おうか。
 
いわゆる地元のワルがつるんで最初は軽い気持ちで女子高生に声をかけたのだろう
女子高生に対して監禁、暴力などどんどん残虐化していく様子に仲間も「もう止めよう」と言い出せなくなってしまう。それが最悪の結果へとつながっていってしまう。
漫画の中で主人公とされる人物は自分一人だったらとてもではないがそんな犯罪を犯すことができないような人間に描かれている。
彼は何度も「俺は関係ない」「悪いのは親玉だ」とまるで自分の関与を否定するような言い訳を心の中で何度もつぶやく。。
 

同調圧力の力

途中何度もグループを抜け出そうとする主人公。ついには母親を伴ってその母親の目の前で殴られて縁を切る、ということまで実行したのにまたグループに舞い戻ってしまう。
親玉は何度だって居場所を突き止めてまた行動を共にさせる。
 
知識や経験が少なく、学校や狭い地域のような特定の居場所しか持たない人間はこのような同調圧力に屈しやすいと感じる。
そして何より少年には居場所がそこしかないのだ。高校にまともに行っておらず、地元を抜け出さなければ地域にはグループがいつも徘徊している。
1人だったら絶対にそんな悪事は働かないときでも大人数で誰かがやろうと言い出せば途端にそんな空気になってしまうのを皆知っているだろう。
 
未成年のちょっとした悪事が引き返せなくなって凶悪犯罪になってしまったこの事件も然りだが
企業が採算の合わない事業からもう辞めようと言い出せない社員だったり、果ては国家が始めてしまった戦争を辞めようと誰も言いだせないように、そんな事例は世の中に山のようにある。
大人はそんなこと自分で判断して手を引くことがまだできるかもしれない。もちろん未成年だって引くことができる人もいる。
同調圧力に屈してしまった少年を被害者と言う気は毛頭ないが(そもそもフィクションだし)気持ちは分からなくもない。
 
ところで日本の未成年犯罪は急減しているようだ。
女子高生コンクリート詰め殺人事件の昭和64年から見ると検挙人数は1/4程度になっているだろう
これ自体はとてもいいこと。娯楽の多様性、地元のヤンキーに魅力を感じない、コスパ主義(やんちゃするのはコスパが悪い)、理由はいろいろあるだろう。
若者にはぜひともその有り余る体力と時間を使って有意義なことに時間を使って欲しい。私もまだ30歳なので頑張ります!

読書「どうすれば幸せになれるのか、科学的に考えてみた」

 
 
 
どうすれば幸せになれるのだろうか?
気になりますよね
そんなことを大真面目に語り合う日本放送アナウンサーの吉田尚記氏と予防医学研究者の石川善樹氏の対談本。
 
私は吉田氏の本がけっこう好きで、中でも「没頭力」という本が非常に好きだ。
さて本の内容だが、いきなり結論から書いてしまおう。
「「幸せ」は昔からよく研究されていて、心理学的には3種類あると言われています。それは「快楽」と「意味」と「没頭」なんですよ」
といってもこれは私にとっては既出の事柄。没頭できる何かを見つけられないということが最近の悩みの種だ。
 

感情を動かす

石川さんは科学者にとって一番大切な問いを立てる方法についてまずは自分の心が動かないといけない、と言う。
実際偉大な科学者は喜怒哀楽が激しいらしい(笑)
 
なので感情のコントロールを身に着けるのが大切だと。
勉強しているときにも感情を動かしてゲーム感覚で取り組むと眠くなりにくい!
 
石川「自分を本当に動かしてくれる感情は何なのか、それを理解しておくことは絶対に人生の役に立つはずです。」
 

自由に選べるはずなのに選べない日本人

石川氏は今の多くの日本人をこう表現する。
「牢屋のカギは閉まっていないけど、牢屋にいる」
 
そしてなぜ自由にやらないのか、と問う吉田氏に対して「今の自分の状態が嫌いじゃない」からだと回答している。
なるほど今の日本は非常に暮らしやすい。休日に勉強を頑張らなくても、スキルアップしなくても、問題なく生活することができる。
量産される動画やSNSをダラダラ見ているだけでもつまらなくはない、それが心からやりたいことではなかったとしても、その動画を見ることで得たい感情が得られなかったとしても、多くの人間がそれをよしとしている。それは今この瞬間をやり過ごすことができても長期的に見て幸せな人生とはなりえない。
 
だから「感情をモニタリングして欲望を発見し、それを忠実に追いかける力っていうのが、今の時代に重要なスキル」だと言う。
確かに私は感情の起伏が少ない気がする。何をしても楽しくない、は言いすぎだとしても感情が湧かなければ欲望も湧かない。自分の感情をもっとミクロに認識していく必要があるな。
 

自分のコンセプトを考える

最後締めくくりは自分のコンセプトを考える重要性を説いている。
コンセプトだったり、夢、目標、戒名、キャラ、いろいろ言い方はあると思うけどどのように生きたいか、ってことを決めるといいらしい。
ティージョブズとかも死ぬときにどんな人だと言われたいか考えることで生きる方向性を決めた、みたいな話があるけどそのことだろう。
そうすると自分の見たいものばかりを見るだけではなく、その生き方を自分ができているかをチェックし必要に応じて修正できる。
自分の場合は何だろう?
とりあえず暫定だけど、「ひねくれているけど面白い人」かなww
 

まとめ

新年になったというのに最近は特にやりたいことも思いつかない毎日だったがそれを打破する方法を見つけるのに最適な1冊だった。
そのためには
  • 自分の感情が動いた事柄に目を向けて自分の欲望を発見する
  • 欲望に忠実に行動して経験、知見をためていく

という2つが大切。しばらく感情を動かすことをサボっていた自分だが感情は訓練によって動かすことができるらしい。そこら辺に取り組みたい1年ですね。

(大谷翔平)こ、こいつ、戦いの中で成長してやがる……!

 
 
NHKスペシャル大谷翔平特集を見た。言わずと知れたメジャーリーガーだ。
 
大谷もメジャー5年目。苦しみの時期を迎えていた。
 

大谷の持つ覚悟

チーム14連敗を止めるホームランを放っても笑顔は無し
自打球を浴び、腿に大きなアザを作っても、試合に出場
メジャー5年目ということで大谷には周りからの期待も責任も大きい
そんな大谷にはプレッシャーも大きくはてはウイルス性胃腸炎になっても試合に出場していたらしい。
 
それだけチームで勝つという覚悟を決めてリーダーシップを発揮しているのだ。
40日間でなんと休日は4日という時期もある。サラリーマンより負担の大きい仕事をやっていながらサラリーマンより休みがない。
なんという生活をしているのだ。。。
 

こ、こいつ、戦いの中で成長してやがる……!

 
今シーズンはスライダーやストレートがことごとく読まれ、序盤は相手に打たれることが多かった。
しかし彼はスライダーでも軌道や変化幅を変え多彩なスライダーを出すことで相手を翻弄した。
そしてもう一つ、新しい球種を使った。それがツーシームである。
一体大谷はいつツーシームを習得したのだろうか?なんと試合中に習得したというのである。
ある程度得点差があり勝てそうな試合でいきなり投げてみたというのだ。その試合ではツーシームかどうかも判定できずストレートと記録されている。
まるで漫画のような話だ。
 
そこからツーシームを投げられる感触を得た大谷は終盤はツーシームも組み込み、相手をより抑えることに成功した。
 
 

ひたすら高みを目指す

「同じことをやっているとなかなか同じような結果は出てこない
毎年進歩していくのが大事」
番組中より

 

ただでさえ人間というものは何もしなければ体も脳も心も衰えていくものだ。
人間は戦いの中でより成長する。練習のための練習をしてはいけないとよく言ったものだが、緊張感のない毎日は練習のようなものだ。
本番を多く経験するためにはより多く緊張感を持つ場面を設ける必要があるようだ。
そのために必要なものは何だろう?
自らの得た知識と考えをアウトプットするところからかな。実際に学んだことや考えたことを公開したり実践で使ってみたりする。
 
これが成長への第一歩だ。