紫色のつぶやき

一人でも、金をかけずとも、人生は楽しい

運命と現実のはざまで「マチネの終わりに」

とんでもない小説に出会った。 運命とは自分で切り開いていくものだ、と青臭い若者のような考えを持った私にこの本は、運命に翻弄され最良の人生を選ぶことができなかった人生を生きる人間の美しさを教えてくれた物語だった。 マチネの終わりに 作者: 平野啓…

映画「プラダを着た悪魔」 あなたのやりたい仕事を手にするために

映画「プラダを着た悪魔」はファッションに全く興味がない一人の女性がファッション誌のアシスタントとして働く映画だ。 プラダを着た悪魔 (吹替版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 働いていれば誰しも不本意な仕事を…

AIで蘇った美空ひばり、時代の進化は止まらない

AIを使って美空ひばりをよみがえらせるという試みをNHKがやってのけた。 ただ蘇らせるだけでなく、新曲を歌わせるというとても難しそうな試みだ。 しかし、見事な完成度だ。美空ひばりになじみがないだけ普通に本物に聞こえる。 [NHKスペシャル] AIでよみが…

映画「A」人間というのは分かりやすい答えを求めるもの

答えなき答えを必死で分かろうとした人々が何かの拍子にオウム真理教に出会い、信者になったのだと思う。 A [DVD] 出版社/メーカー: マクザム 発売日: 2003/07/25 メディア: DVD 購入: 6人 クリック: 140回 この商品を含むブログ (144件) を見る この映画を…

台風の夜に映画「大停電の夜に」

「救いようのないアホになれる行為も悪くないです」 見た映画の一説です。 大停電の夜に 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video この商品を含むブログ (1件) を見る 台風の夜に「大停電の夜に」を見るなんて少し不謹慎かな。映画の中で停電の中、夫婦で…

読書記録「習慣が10割」

こんにちは、読書記録だよ 習慣が10割 作者: 吉井雅之 出版社/メーカー: すばる舎 発売日: 2018/11/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 問題はこの本を読んでどうするか。 この本に限らず大体の自己啓発本、ビジネス書に言えることだが、内容を…

じゃあ目標がない人はどうすればいいのさ。。モチベーション3.0 より学ぶ

以前は飲酒をするといえば週末、会社の飲み会が水曜日に入ることもあったのでたまに水曜日飲むこともあった。 だが最近は毎日のように飲酒している。なぜだろうか、仕事で多大なストレスを抱えているわけでもなく、一人で寂しい夜を紛らわしているわけでもな…

長期休みになると抱えるむなしさについての対抗策

今年も来ましたね、お盆休み、9連休です。多くの人はこの休みが始まる何か月も前から今年はどこに行こうか、何をしようかと夢を膨らませていて、今週の平日なんかほとんど仕事が手につかないなんて人もいたんではないでしょうかね。 私は長期休みにほとんど…

むしゃくしゃしてやった、と言ってみたかった。本「何様」感想。

先日文庫化された「何様」は就活を舞台に社会に出ることと何者でもない自分との折り合いをつけられない就活生を描いた作品「何者」の続編、というかアナザーストーリー。 何様 (新潮文庫) 作者: 朝井リョウ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2019/06/26 メデ…

42歳現役ホスト「伯爵」に学ぶ、成長に近道はない

録画番組がたまっている中、常に1か月前の番組を見ている毎日。 「ザ・ノンフィクション」はこれぞ”残酷な現実”と言わんばかりに現実の厳しさを教えてくれる番組だ。今回の番組の副題は「もう一度輝きたくて」 www.fujitv.co.jp 今回は最近マツコの「アウト…

幸せになることへの違和感

私は「ちんさん」ことaikoが出演するそのラジオを楽しみにしていた。 山里亮太の不毛な議論 幸せになる勇気 山里亮太の不毛な議論 www.tbsradio.jp ちんさんと山ちゃんが繰り広げるその会話は下ネタのオンパレードになりがちだ。 いちaikoファンとしては聞き…

一人じゃつまらないの?

横浜に行く用事があったので山下公園に行った。 ちょうど夕方だったこともあり徐々に暗くなっていく。観覧車が、遊覧船が光始めてとてもきれいだった。都会のわりに人もほどほどでいい場所だった。 そんな中、私は普段海が身近にあるわけではないので海を眺…

オレは・・・オレのことばっかりだ・・・

表題のセリフ「オレは・・・オレのことばっかりだ・・・」 「左ききのエレン」第一巻のセリフだ。 原作版 左ききのエレン(1): 横浜のバスキア 作者: かっぴー 出版社/メーカー: ナンバーナイン 発売日: 2018/08/31 メディア: Kindle版 この商品を含むブロ…

私はその日思い出した、武井壮にあこがれていた日々を

人間というものは自堕落なもので毎月一定の生活費さえ稼げていれば別に成長なんかしなくてもよくね、ってなってしまいがちである。 それこそ大学生のころは「会社なんていつ潰れるかわからない」「今から稼ぐ力をつけるんだ」、などと投資を始めたり、ブログ…

今日もコミュ障なりに頑張る

社会人になって感じたことがある 自分はとんでもなくコミュ障だということだ。 業務上必要な会話は何とかできる。しかしそれも頭の中で言うことを1,2回反芻してからでないと話せない。 朝の挨拶はギリギリ相手に聞こえるか聞こえないか程度の声しか出ない。 …

将来就職する人は参考に、大学院で身に着けるべきスキル

私は大学院の修士課程を経て社会人として部品の設計に携わっています。 学生(大学院での研究)と社会人の一番大きな違い、それは締切があることです。 そのため締切に間に合わせるために全ての作業の時間を短縮することが求められます。会社で当たり前のよう…

抽象的な学びは具体的な行動レベルにまで落とし込まないと一歩踏み出せない

人間あらゆるところから学べることがあります。 学ぼうという意志があれば自己啓発本、ビジネス書、勉強会などから何かためになることを学んでいる人も多いでしょう。 また学ぼうという意志がなくても何気なく見ているテレビ番組から著名人の生き方や考え方…

雑談が苦手な人へ、才能ではなく努力とテクニックで雑談力を手に入れよう

営業をやっているわけでもないし雑談力なんか必要ないと思っていた。 しかしどんな職に就いていようと人とコミュニケーションを取る力、とりわけその入り口となる雑談力はとても重要なようだと実感する今日この頃。 本「超一流の雑談力」から雑談力を鍛える…

なぜ私はいつも時間に追われているのか、行動経済学の観点から考えてみた。

なぜ私はいつも時間に追われているのか、今回は本「いつも「時間がない」あなたに」を読んで行動経済学の観点から考えてみた。 いつも「時間がない」あなたに: 欠乏の行動経済学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 作者: センディルムッライナタン,エルダー…

「風邪 治らない」で検索しても風邪は治らない

風邪を引いてしまった。 風邪を引くということは自己管理がなっていないということで普段運動不足、体力不足の私が風邪を1日やそこらで治そうとするなんておこがましい。 風邪の引き始めならともかく、大学生の時のように風邪を引いても1日で治るようなこと…

エクセルで時間管理、24時間を記録してやりたいことに時間を使おう

「時間がない」 現代人に共通する悩みです。この不平等の社会において一日は24時間であるという事実だけは平等です。 私は1か月間、エクセルを使って時間の記録を続けてきました。 今日は私が1か月間使用しているエクセルでの時間記録の方法と1か月間使用し…

内向型人間は疲れる。。。ストレスを感じないためのコミュニケーション術

人が何人か集まるとみんなの話題をかっさらって注目を集める人間がいる。その人は自信と魅力にあふれ、なんといっても話が面白い。俗に言うコミュニケーション能力が高い人だろう。 いつも思う。自分はとてもそんな風になれない。聞く力が重要だとか言うけど…

ライブで歌われた曲は日常から非日常へ変わってしまう

aikoのライブへ行ってきた。 aiko.com aikoのライブは2年ぶり2回目。 前回のライブは近場で開催されること、ちょっとした興味から行ったもので知らない曲ばかりで正直楽しめなかった。 だが逆にaikoが今まで作ってきた曲の幅広さを実感し帰りにツタヤで全ア…

金稼ぎをバカにしていたが簡単に金は稼げない

大多数の雑記ブログのように、単に思ったことをブログに書いているだけでは金など稼げるわけがない。このブログも例外ではない。 自分のスタンスを持っていないと他人の意見に簡単に流される。読まれる記事の書き方やタイトルのつけ方を読んではまねしてみる…

孤独による寂しさに対しては結果で応える

誰でも孤独による寂しさを感じることがある。 今日は斎藤孝の「孤独のチカラ」という本を読み、孤独による寂しさやもどかしさを力にして結果を出すことにつなげることが大切だと学んだ。

社会が求めるコミュニケーション能力を極めたら奴隷になる

先日のEテレ「日本のジレンマ」という番組でコミュニケーション能力について議論がされていた。 www4.nhk.or.jp 私はかねてからコミュ力とは ”相手の土俵に乗ること” だと思っていた。

ブラック研究室の簡単な見分け方

上位の大学であれば理系学部の過半数は大学院に進む。 修士課程に進めば4年生から修士2年まで3年間、研究室選びはあなたの人生を大きく左右するものです。

孤独であることを認められるかどうか

ふと寂しさから友人何人かを晩飯に誘ってみたが誰も来なかった。 こんな時は負のスパイラルに堕ちる。 ブログを書きながら2時間程度うたた寝をしてしまい、起きた後よくわからない罪悪感に駆られた。 食事は外食で済ませ、ツタヤへ行く。 本屋に行くのは今の…

サスペンス映画の感想が書けない

誰かにおすすめしろと言われればサスペンス映画の感想も少しは書きやすいのかもしれない。 映画のキャストや監督、あらすじについてあまり触れない私は映画の場面から自分の思ったことにつなげてブログに感想を書く、というのをよくやる。

映画「博士と彼女のセオリー」、この宇宙の片隅に

昨年亡くなったスティーブン・ホーキング博士のドキュメンタリー映画。 病気により体も自由に動かせず、話もできない、考えることはできるが書くこともできない。 それでもホーキング氏は言った。 「見ろよ、我々が創り上げたものを」