紫色のつぶやき

一人でも、金をかけずとも、人生は楽しい

女性専用車両の是非について考える

こんにちは

女性専用車両に男性が入って電車が遅れたことが話題になりました.

www.huffingtonpost.jp

 

勝手に思ったことを書いていきます.

女性専用車両に乗り込む男性の主張

男性側の意見が下の記事に書いてあります.

lite-ra.com

確かに女性専用車両に法的拘束力はなく,男性が乗る「権利」はある.犯罪ではない.女性専用車両があって男性専用車両がないという事実を単純に差別と言うことも考え方によってはあるかもしれない.

しかし,「権利」があるからと言って女性専用車両に乗り込むことでこの男性たちの気は晴れたのでしょうか.男性たちはどんな問題を提起しているのでしょうか?

その問題は今回の行動によって解決へと向かうのでしょうか?

目撃者によるネット上への報告によると「これは権利」「俺たちは間違っていない」などと主張していたという。

「女性専用車両は男性差別」と車両乗り込み運動をする男たち…痴漢犯罪の現実を無視した女性憎悪|LITERA/リテラ

この記事にも書いてありますが大多数の男性は痴漢を犯さないのに男性というだけで痴漢予備軍のように扱われることに怒りを覚える人もいるでしょう.何もしていないのに犯罪者予備軍として扱われるのは確かに私もイラっとします.

 

そもそもこんな車両を作らせてしまう社会がいけない

一番問題なのはそもそも女性専用車両なんてものを鉄道会社に作らせてしまった痴漢を犯した犯罪者たちなのは皆さん分かっているはずです.

痴漢被害によって女性は心の傷を負う.男性不信に陥ってしまう人もいることでしょう.私は男性なので被害者の気持ちを完全に理解することは無理だと言わざる負えません.

女性専用車両ができる以前,誰もが乗ることのできる一般車両で痴漢問題が後を絶たなかった.犯罪防止の呼びかけをいくらしても犯罪者の犯罪は止まらず,挙句の果てには痴漢冤罪なんていう新しい問題も起きてしまうこの現代社会ははっきり言って異常です.

男性も別の被害に逢ってしまう可能性が出てきたのです.

 

本来の目的から外れた議論

そんな問題を少しでも緩和しようと苦肉の策として鉄道会社が導入したのがこの女性専用車両.これにより女性が安心して電車に乗ることのできる場所を提供してくれたということでしょう.

残念ながら現代社会は痴漢被害に誰もが逢ってしまう可能性があります.この被害を恐れる人たちに少しでも安心できる場所を鉄道会社が提供してくれています.

 

冒頭でも述べた通り,これを男性差別だと主張すること自体はもちろん主張としては間違っていないと思います.しかしこれは鉄道会社が少しでもトラブルを防ぐために設置したこの車両への願いとは違った方向での議論となってしまっています.

この車両を設置したことで痴漢被害を減らすことができたかどうかは分かりません.

しかし,女性に安心して電車に乗ってもらうという意味ではメリットは大きいと思います.男性側にも数車両乗ることのできない車両ができただけでこれで痴漢冤罪被害が減ってくれると思えばメリットはあると思います.

 

男女の問題に限らず子供を抱える人や病気の人達への差別はいまだにたくさん残っています.他人に迷惑をかけるのはいかがなものかと思いますが,一つ一つ問題提起していってより良い社会の実現のために考えることを続けるのが大事かと思います.